2018 FIFA W杯 ロシア大会 日本代表VSセネガル代表 

スポンサーリンク
サッカーボール

こんにちは すずき です。

2018 FIFA W杯 ロシア大会 日本代表の第2戦、VSセネガル代表戦。

2-2引き分け。

初戦をラッキーな展開でものにした日本代表、最低限の結果を出したと言えると思います。

良かった。

勝てる試合でもあったけど負けなかったことは評価できる。

良かった。

スポンサーリンク

試合展開と感想

序盤からセネガルはガンガン来ました。

ある程度は予想できましたが、来ましたね。

そして速い。

これは予想以上。

よく凌いでいたというのが正直なところ。

欲を言えば凌ぎきりたかった。

GK川島・・・受難

やっちゃいましたね、GK川島。

試合前から第二戦は初戦でミス(と僕は思っていますが)の川島、調子がイマイチの長谷部は交代ではなどという予想も巷ではあったようです。

しかし、サッカーのセオリーで「勝っているときはいじらない」というのがあります。

まあ、今回はこのセオリー完全に裏目ったわけですが。

前半11分、痛恨のパンチングミス。

つーか、あの状況でパンチング行く?ふつう?

まあ、僕はキーパーやったことないから詳しくはわからないけど(なら言うな)、でも見たことないぞ、あんなの。

キャッチだろあれ。

セイフティーでも何でもない。

第一パンチングするには低い。

川島と言うキーパー、想定外の素早い判断を求められる状況で一瞬思考が停止して判断が遅れる傾向が見受けられる。

初戦のフリーキックもまさにそんな場面。

壁下抜かれて一瞬判断が遅れてステップがおかしなことになっていたように見えた。

イメージより頭で考えて行動するタイプだろうか?

顔は野性的なのに意外に頭脳派だし。

語学堪能だし。

原口のクリアミスもあったけど、あそこは押さえてほしかった。

キャッチできない理由は何もなかった思えたけど、一瞬ファンブルを考えたんだろうな。

野生でいかんかい、顔のごとく。

最後の最後の土壇場でPKとめたりするGKだから次回に期待したい。

何のかんの言って次も川島だろうし、男を見せろ川島。

乾、値千金の同点弾

初戦は乾らしいいいプレーもあったけど、気負いが目立って浮いてるかなっていう感じが多少あったように思いますが、第二戦では随分落ち着いてフィットしていた乾。

この試合のMOM候補は乾ではないかと個人的には思います。

34分の貴重な同点弾。

落ち着いていたなあ。

柴崎からの絶妙のフィード、長友のトラップが流れて足元に来たボールをあの狭いスペースで落ち着いて処理、コースを狙っての絶妙なシュート。

すばらしい。

後半もう一つ惜しい場面もありました。

同じようなコースで少し遠かったけど、あれが決まっていればなあ。

惜しかった(ではダメですけどね、ホントは)。

再度突き放されて1-2

乾がMOM”候補”なのは2点目の失点は乾のミスからだったから。

乾が抜群のテクニックを持ちながら代表に定着できないのはこの不安定さからなんだろうな。

天才ゆえの波かなあ。

取られてはいけないところでボールを取られるとやられますな。

流れが良かった時間帯だっただけに残念な失点だった。

ありがちではあるけれど、流れがいいと気こそ締めて行かないと。

乾の惜しいゴール、大迫の空振り。

どっちかが決まっていれば・・・。

しかし一試合のうちに一度や二度は必ずある事ではあるので、そこはディフェンス陣にきっちり止めてほしかったけど、相手もアフリカを勝ち抜いた代表です。

ミスをすればやられます。

本田△

本田△

出てきて早々に決めてくれた本田さん。

持っている男は違う。

流石はアフリカ代表キラーの本田選手、これでW杯3大会連続でアフリカの代表チームからの得点。

残念ながら得点には結びつかなかったけれど、左からのコーナーキックもよかった。

MOM候補は柴崎、乾、そして試合への参加時間は短かったけど本田。

予選リーグ突破の条件は?

逆転できなかったのは残念ではありますが、最低限の結果は残せた日本代表。

状況は依然として良好です。

日本は1勝1分の勝ち点4(得失点差+1)で次戦は2連敗で予選敗退が決定したポーランド。

引き分け以上で予選リーグの通過が決まります。

万が一負けてしまった場合は、コロンビア代表VSセネガル代表の結果次第となります。

こちらは大変な試合が予想されます。

コロンビア代表は1勝1敗で勝ち点は3(得失点差+2)なのでセネガル代表には是が非でも勝たないといけません。

日本が負けてしまった場合は引き分けでもコロンビア代表、セネガル代表はリーグ戦突破となりますが、試合は同時刻に開催されるため、どちらのチームも手は抜けません。

コロンビア代表は超本気モードでしょう。

超本気のコロンビア代表相手に引き分け以上であればセネガル代表は予選リーグ突破となりますが、さあセネガルはどう戦うでしょうか?

厄介なのは、万が一日本代表が死に体のポーランド代表に負けてしまい、なおかつコロンビア代表がセネガル代表に勝った場合。

つまり日本代表、セネガル代表がともに敗れた場合ですが、これは勝ち点は並ぶので得失点差で結果が決まります。

得失点差が同じ場合は総得点によって、それも同じ場合はフェアプレーポイントでの決定になります。

フェアプレーポイントと言うのは警告数や退場数などがポイント化されたもの。

もしすべてが同じ場合は抽選。

やっかいですね。

日本代表はスッキリ勝つか最悪引き分けを勝ち取り自力での突破を確定させたいところです。

敗退が決定したとはいえポーランド代表はFIFAランク8位とHグループの中では実は一番各上のチームなんです。

さてさて、どうなりますか日本代表。

おわりに

西野監督並びに日本代表の選手の皆様、期待できないなんて言ってごめんなさい。

すいませんでした。

こんにちは すずき です。 W杯日本代表のメンバーが発表になりましたね。 2018年 W杯ロシア大会の日程や優…

そして次戦ポーランド代表戦、頑張ってください。

おしまい


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク