一度は行ってみたいキャンプ場 関西編

スポンサーリンク
CAMP

こんにちは すずき です。

キャンプシーズン真っ盛り。台風なんかに負けないぞ(お天気には十分注意してください)、ということで、一度は行ってみたいキャンプ場、関西編。

ども すずき です もうすぐゴールデンウィークですね。僕はお正月過ぎたらゴールデンウィークの事しか考えていませ…

関西のキャンプ場は魅力的なところが多いですよね。

ほんとに羨ましい。

そんなわけで 僕が行ってみたいと思った関西のキャンプ場を勝手にランキング。

スポンサーリンク

第5位 石ヶ堂古代村

石ヶ堂古代村

画像出典なっぷ

なんと高床式の倉庫を復元した建物があって古代の暮らしを体験でき、その上宿泊も可能。

凄い・・・。

高床棟のみでなくバンガローやコテージ、そして勿論オートキャンプ場もあります。

火起こしや土笛、勾玉づくりの体験もできます。

設備は充実していて電気水道は完備、炊事場、トイレもきれいなので初心者でも大丈夫。

車で15分圏内にショッピングセンターや温泉もあってかなりポイント高いです。

たまにはテントじゃなくて、こんな高床式の建物に泊まって古代に思いを馳せてみたいもので有ります。

【オートキャンプ】
1張1泊【5名・タープ1張・車1台のサイト利用料】
4,000円(車2台目からは無料の管理棟駐車場へ)
お米2合サービス
(温水シャワー有)

【ログハウスコテージ】
1棟1泊 基本料金10,000円
大人1人2000円 小学生1人1000円 幼児無料
(小学生以上最大10人まで)
寝具は5人分ロフトに常備
寝具追加は1セット(掛け・敷・枕)1000円
※ゴミ処理料込
お米3合サービス 

【高床棟】
7,5000~円/泊
お米2合サービス
(温水シャワー有)コンセント・電灯あり

【ウッドハウス】
4帖タイプ 7.000~円/泊
6帖タイプ 8.000~円/泊
お米2合サービス
(温水シャワー有)
(電源・スポットエアコン・冷蔵庫・炊飯器)

【バンガロー】
8.000~円/泊
お米2合サービス
(温水シャワー有)
冷蔵庫・炊飯器・食器・窓用エアコン・流し台あり

※何で米くれるんだろう?

第4位 マイアミ浜オートキャンプ場

マイアミ浜

画像出典なっぷ

関西と言ったら何と言っても琵琶湖(マジでとか言わない)。

琵琶湖のほとりでキャンプなんて関東の人間からしたらロマンです。

琵琶湖の情景を一望できる文句なしのロケーションに、シャワー付のサイトにキャンプギア常備の贅沢ケビンなど女性や子供まで楽しめる高規格オートキャンプ場。

いやあ、こんなロケーションでキャンプしてみたい。

実は以前この近所をバイクで通りかかって、「いいなあ」と思ったことがあったのでした。

通年営業で冬場も営業しているので、冬キャンプを楽しむ本格派キャンパーもいらっしゃるようです。

こんなところなら冬キャンプもありだなあと思います。

オートサイト・・・2,500円~8,000円(1区画1泊)
キャンピングカー・・・4,000円~10,000円(1区画1泊)
ヴィラマイアミ・・・6,000円~21,000円
マイアミケビン・・・5,000円~20,000円
カリフォルニアケビン・・・4,000円~14,000円

その他

管理棟、売店、オートサイト(約100区画)、キャンピングカーサイト(2区画)、各種コテージ、炊事場、温水シャワー、ランドリー、アスレチック遊具など

第3位 峰山高原リゾート 星降る高原キャンプ場

星降る高原

画像出典なっぷ

標高930mと夏場でも比較的快適に過ごせる高原のキャンプ場。

映画「ノルウェイの森」のロケ地を場内に有する自然豊かなキャンプ場。

峰山高原ホテルリラクシアに隣接しているので大浴場やテニスコートなど設備は充実しているようです。

初心者からベテランまで楽しめるキャンプ場。

映画のロケ地に選ばれた”リラクシアの森”での散策や手つかずの大自然のなかハイキングや川景を楽しむことができます。

そしてキャンプ場の名前にもなっているように、夜は星が降るような満天の星空を楽しむことができます(お天気が良ければ)。

キャンプに行ったときに何か一つこれだっていう売りがあるキャンプ場はいいですよね。

都会からわざわざキャンプに行くなら降るような星空なんてとても魅力的じゃないですか。

<グランピング>
18,000円~
<楽楽キャンプ>
12,000円~
<遊泊>
16,000円~
<フリーサイト>
※クレジットカードはお使いいただけません
大人:1,000円/人
小学生:500円/人

第2位 若杉高原おおやキャンプ場

若杉高原おおや

画像出典なっぷ

なんと、この若杉高原おおやキャンプ場は全国一の星空が見えるキャンプ場と言われているようです。

夜行リフトを使い星空ハイキングも開催。

星空ハイキングってどんなんだろう?

キャンプ場のある養父(やぶ)市は環境省が実施する全国星空継続観測で「星が最も輝いて見える場所」の第一位(平成16年夏)に認定されました。

環境省お墨付きです。

夏スキー、ウォータージャンプ、芝そり、トランポリン、日帰りBBQなど設備も充実。

その上温泉施設まで併設されているなんて、いう事なし。

◆入山料◆ (1泊・デイ) 500円/1人

◆芝生フリーサイト◆
【テント1張り、タープ1張り、車1台までのサイト利用料】2,500円~
【キャンピングカー、タープ1張までのサイト利用料】2,500円~
【追加】 +乗り入れ車両スペース1台分  1,500円
+テントスペース1張り分      1,500円
+タープスペース1張分         1,000円
【テント1張、バイク1台までのサイト利用料】1,000円~

【テント1張り、タープ1張り、車1台までのサイト利用料】3,500円~
◆絶景区画サイト◆
【キャンピングカー、タープ1張までのサイト利用料】3,500円~

◆こもれびの森サイト◆(区画サイト)
サイト利用料 3,000円~

■体験ログハウス■
・レギュラーシーズン  基本料13,000円+1,200円×人数
・グッドシーズン    基本料26,000円+1,200円×人数
・ベストシーズン    基本料30,000円+1,200円×人数

■グランピング トレーラー■
・レギュラーシーズン  基本料11,000+1,200円×人数
・グッドシーズン    基本料21,000+1,200円×人数
・ベストシーズン    基本料25,000+1,200円×人数

第1位 白崎海洋公園(大浴場付キャンプ場)

白崎海洋公園

画像出典なっぷ

こんなロケーションが大阪市内から2時間弱の場所にあるなんて…。

真っ白なでっかい石灰岩に囲まれた景観。

まるで紺碧のエーゲ海と言うのもあながち大げさでもないかも。

もうとにかくこんな景色を見せられたら行ってみたいに決まってます。

24時間利用可能な「白崎海洋公園 道の駅」もあります。

またクラブハウス内に大浴場もあり宿泊者は営業時間内であれば無料で入り放題。

白崎海洋公園2

ホントに日本か?ここは?

【施設利用料】
・大人500円/人
・小学生250円/人
・小学生未満:無料

※シーズンによって料金変動あり。
▼キャンプ場▼
【区画サイト(電源付き)】
・5,500円、7,500円、10,000円、15,000円/区画・泊

【区画サイト(電源無し)】
・3,500円、5,500円、7,500円、10,000/区画・泊

【フリーサイト(電源無し)】
・3,500円、5,500円、7,500円、10,000/区画・泊

▼宿泊施設▼
【ログハウス(大型)】
・40,000円、50,000円、100,000円、120,000円/棟・泊

【ログハウス(中型)】
・20,000円、40,000円、80,000円、100,000円/棟・泊

【バンガロー(大型)】
・30,000円、40,000円、80,000円、100,000円/棟・泊

【バンガロー(小型)】
・13,000円、20,000円、30,000円、40,000円/棟・泊

【コンテナハウス】
・9,500円、18,000円、25,000円、30,000円/棟・泊

まとめ

他にもよさそうなキャンプ場がたくさんあります。

関西エリアのキャンパーさんが羨ましい。

勝手にランキングにしましたけど、完全に僕の趣味によるところなので、順位自体には大した意味はありません。

まだまだ秋まではガンガンキャンプに行けますから時間が許せば関西まで足を延ばしてキャンプに行きたい すずき でした。

こんにちは すずき です。 まだまだ寒い寒い毎日です。 心の中では「早く暖かかくなってキャンプいきてーなー」と思う毎日でもあります。 ...

おしまい


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク