強風に負けない最強の折りたたみ傘

スポンサーリンク
傘

こんにちは すずき です。

暑さも本番、そして台風シーズンも又、本番。

台風だけではありません。

この時期は急な雷を伴ったいわゆるゲリラ豪雨なども頻発する時期。

最初から雨風が強くなるとわかっているときはまだいいんですいおね。

朝はカンカンに晴れているにもかかわらず、夕方になって突然の豪雨強風なんてのは困ります。

折りたたみ傘は便利ですが、強度にはいささか不安があります。

そこで、強風にも強い折り畳み傘を調べてみました。

スポンサーリンク

totes Vented Canopy

アメリカのメーカー「totes」のVented Canopy。
totes社は、1924年に米国オハイオ州のオークレーという町で生まれたレイングッズで大きなシェアを持つブランドです。
3段自動開閉
収納時35cm
重さ500g
骨の数8本
グリップが持ちやすく、風が分散する2層構造になっていて、強い風にも耐えることができます。
埼玉防災学習センターで行われた耐風テストでNo.1の評価を得た頑丈ぶり。
デザインが非常に豊富なのもありがたい。

BLUNT XS メトロ

空気力学構造により風を受け流す、ニュージーランド発の耐風傘。
ニュージーランド人のデザイナー、Greig Brebnerによって発明されたBLUNT。
傘を支える骨の構造から見直され、独自の傘生地表面での放射張力分散技術や、鋭利な先端を取り除いた丸いフォルムなどにより、徹底的に風に対する強度を高めています。
何と、風速20メートル/sでも壊れないとうたっており、並はずれた強度を誇る折りたたみ傘です。
  • [サイズ]: 高さ/約58cm, 直径/約95cm
  • [重量]: 約370g
  • [収納時サイズ]: 高さ/37cm, 幅/7cm, 奥行/7cm
  • [素材]: 布地/ポリエステル, 親骨/グラスファイバー、ポリカーボネート, シャフト/スチール、アルミニウム
  • [企画国]: ニュージーランド
  • [親骨の長さ]: 51cm
  • [親骨の本数]: 6本
  • [性別]: ユニセックス

Knirps Fiber T2 Duomatic

ドイツ、Knirps(クニルプス)は1928年にハンス・ハウプト氏が世界で初めて折りたたみみ傘を発明したことから始まりました。

折りたたみ傘の代名詞的ともいえる存在です。

何と言ってもその軽さとコンパクトさが特徴。

しかも自動開閉機能付きでなおかつシャフトの不意な飛び出しを防ぐ「Safety System」が採用されています。

  • サイズ(約):収納時/直径6×長さ29cm、使用時/直径97cm (8本骨)、親骨の長さ/53cm
  • 素材・材質:シャフト/アルミ・スチール、フレーム/アルミ・グラスファイバー、傘生地の組成/ポリエステル(撥水加工)、グリップ/ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂
  • 生産国:ドイツ企画中国製
  • 付属品:傘収納袋
  • ワンタッチ開閉式
  • シャフトの不意な飛び出しを防ぐセーフティーシステム

あとがき

以前、仕事で打合せに向かう途中でゲリラ豪雨に遭遇しました。

持っていたビニ傘は一瞬で吹き飛ばされ使い物にならず…、頭の先からつま先までずぶ濡れになりました。

駅前でたむろしていた外国人に喝采を浴びました。

「やっちまったなー」と、当時少しだけはやっていたギャグをつたない日本語でかまされ苦笑いするしかありませんでした…。

備えあれば憂いなし。

お気を付けください。

念のため売れ筋ランキングもチェック

amazonの売れ筋ランキングはこちら

楽天市場の売れ筋ランキングはこちら 

おしまい


人気ブログランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク